STEP 01

knowledge

知識

温度による味の変化

Taste changes with temperature

温度によって、味や口当たりが大きく変わります。「今日はさっぱり飲みたい」など、同じコーヒーでも体調や気分に合わせることができます。

粒度による味の変化

Taste changes with grain size

粒度とは、コーヒーの挽き目のことです。

0.ミリの変化でも味が大きく変わります。

豆、使用器具、好み、気分に合った挽き目にすることで、もっとコーヒーの良さを発見できます。


コーヒーの保存方法

How to store your coffee

ライフスタイルに合った保存方法で保存してください。


温度による味の変化

Taste changes with temperature

93℃

湯温が高い

The water temperature is high.
成分の抽出が多くなる


苦味成分が出やすくなります。

   he bitter taste component is easily produced.

酸味が感じにくくなります。

   The acidity will be less perceptible.

美味しさの成分が出やすくなります。

   It makes it easier to release the components of good taste.

抽出しすぎると雑味が出やすくなります。

   Over-extraction tends to produce a messy taste.

湯温が低い
The water temperature is low.
成分の抽出が少なくなる


苦味成分が出にくくなります。

   It is less likely to produce bitter components.

酸味が感じやすくなります。

   The acidity will be easily perceived.

美味しさの成分が出にくくなります。

   It makes it difficult to release the components of good taste.

雑味が出にくくなります。

   It will be less likely to produce miscellaneous flavors.


粒度による味の変化

Taste changes with grain size

中細挽き

粒度が細かい

The water temperature is high.
お湯の落ちるスピードが遅くなる


苦味成分が出やすくなります。

   he bitter taste component is easily produced.

酸味が感じにくくなります。

   The acidity will be less perceptible.

美味しさの成分が出やすくなります。

    It makes it easier to release the components of good taste.

抽出しすぎると雑味が出やすくなります。

   Over-extraction tends to produce a messy taste.

粒度が粗い
The water temperature is low.
お湯の落ちるスピードが速くなる


苦味成分が出にくくなります。

   It is less likely to produce bitter components.

酸味が感じやすくなります。

   The acidity will be easily perceived.

美味しさの成分が出にくくなります。

   It makes it difficult to release the components of good taste.

雑味が出にくくなります。

   It will be less likely to produce miscellaneous flavors.


コーヒーの保存方法

How to store your coffee

日本で焙煎された豆は常温保存で一か月、海外で焙煎された豆は三か月~半年美味しさが持つ場合もあります。

Beans roasted in Japan can be stored at room temperature for a month, while some beans roasted overseas can keep their flavor for three to six months.


生豆の品質にもよりますが、焙煎後の豆に残った水分量でも劣化に違いが出てまいります。

日本と海外では湿度も焼き方も異なりますので、豆が劣化するスピードも異なります。

例えば、デンマークで焙煎される豆は、1か月ほど経過してからの方が美味しく感じられるものもございます。


Although it depends on the quality of the green beans, the amount of moisture left in the beans after roasting also makes a difference in the deterioration.

The speed at which the beans deteriorate is also different because the humidity and roasting methods are different between Japan and other countries.

For example, some beans roasted in Denmark taste better after about a month.


常温保存

Storage at room temperature

豆のままで一か月、挽いた状態で一週間で上がりいただく場合は常温保存がおすすめです。

For immediate consumption, we recommend storing at room temperature.

直射日光や暖房の傍は、豆の劣化の原因になります。

空気に触れますと、香りはどんどんなくなってしまい、酸化も進んでしまいますので、密閉容器に入れ、できるだけ涼しい場所で保管してください。


Placement in direct sunlight or near a heater will cause the beans to deteriorate.

If they are exposed to air, they will lose their aroma and oxidize rapidly, so please store them in an airtight container in a cool place as much as possible.

冷蔵保存

refrigerated storage

常温の保存と比べると、少し劣化スピードは遅くなります。

冷蔵庫のドアの開け閉めが多い場合は温度変化が大きくなりますので、冷凍していただく方がおすすめです。


他の食品の香りがうつらないよう、未開封のものか、シーラーなどでしっかりと封をしてください。


冷蔵庫から出した際は常温に戻してからご使用下さい。

Compared to storage at room temperature, the speed of deterioration will be a little slower.


If you frequently open and close the refrigerator door, it is better to freeze the food as the temperature changes significantly.


To prevent the aroma of other foods from permeating the product, make sure the product is unopened or sealed tightly with a sealer.

冷凍保存

cryopreservation

長期保存の際におすすめです。

Recommended for long-term storage.

冷凍しておきますと酸化が防げますので常温と比べ約2倍美味しさを保てます。


解凍後の劣化スピードは速まりますので、

解凍後は早くお召上がりいただくか、小分けの冷凍がおすすめです。

未開封のものか、シーラーなどでしっかりと封をしてください。


冷凍庫から出した際は、常温に戻してから使用してください。

温度が低いままですと、コーヒーの成分が出にくくなります。


Freezing prevents oxidization and preserves the flavor twice as well as room temperature.


However, the speed of deterioration increases after thawing.

After thawing, it is recommended to eat it as soon as possible or freeze it in small portions.

Seal tightly with an unopened package or a sealer.


When you take it out of the freezer, let it come back to room temperature before using it.

If the temperature is still low, it will be difficult to release the coffee ingredients.




STEP 02

How to

コーヒーの淹れ方

DRIP COFFEE

当店のドリップコーヒーを美味しく淹れる方法。

How to make a good cup of our drip coffee.

V60円錐ドリッパー

円錐ドリッパーでのおすすめレシピ。

Recommended recipe with a conical dripper.

V60+メロドリップ
より美味しく、より簡単に。
More delicious and easier.
KALITA 台形ドリッパー

台形でもさっぱり淹れるおすすめレシピ。

Recommended recipe for a refreshing brew in a trapezoidal shape.

コーヒーメーカーレシピ

Benjamin Franklin, inventor, statesman, writer, publisher.

アイスコーヒー

Benjamin Franklin, inventor, statesman, writer, publisher.


DRIP COFFEE

ドリップコーヒー

準備 

コーヒーの表面を平らにします。

カップにドリップコーヒーを掛けたら、カップをトントンと手のひらで叩き、コーヒーの表面を平らにします。

このひと手間で、あとの抽出が均一になりやすくなります。

Englishページ

お気に入りからそのまま英語だけ変更

step1 蒸らす

コーヒー全体にお湯が行き渡る程度の少量のお湯(93度)を注ぎます。

表面にさっとかけるとだんだんと染みわたっていきます。フィルターの底からカップにぽたぽたコーヒーが落ちるくらいが目安約20~30g)を注ぎ

30秒蒸らします。

合計の抽出時間が長くなると 苦くなるため、軽めがお好きな方は、蒸らし時間を少なめにしてください。


もっと詳しく 画像&理論ページへ

コーヒーは乾燥しているので一気にお湯をかけてしまうと、中まで浸透せずに、はじいてしまいます。

乾いたスポンジに一気に水をかけた際に中に水が浸透しにくいのと同じ原理です。


深煎りは水分量が少ないため、水を吸収しやすく、

浅煎りは水分量が多いため、水をはじきやすくなっています。

step2 本抽出

フィルターの上の方までお湯を注ぎ、お湯が落ちきる前に次のお湯を注いでいきます。

中心1点にお湯をかけるように注ぐと、全体にまんべんなく広がります。

ドリップコーヒーの抽出では、のの字などを描かないほうが、安定します。

5~8回ほど 繰り返します。

150g注ぎ終えたらカップから外します。

粗挽きで軽めのコーヒーにされてる方は、お湯の落ちるスピードが速いので、

上下にまたは左右に線を描くように入れてください。


8回ほどに分けてお湯を注ぐと濃度が少し濃くなるため苦味と香りが増します。

もっと詳しく 画像&理論ページへ

コーヒー豆の鮮度が高いとガスを多く含んでいるので、コーヒーが膨らみ一回に注げる量が少なくなります。お湯が落ちるスピードもゆっくりです。

浅煎りのコーヒーはもともとガスが少ないため、あまり膨らみません。

コーヒーの粉自体にも水分が多いため、落ちるスピードも早くなります。


挽き目が細かいと、砂場の砂のように粒の小さいものにお湯をかけるのと同じでゆっくりとお湯が落ちます。


当店で使用してるドリップコーヒーは、フィルターも目の細かなものを使用してますので 、さらに落ちるスピードは遅めです。


円錐ドリッパー

写真仮 手は女性の手、準備のならしのみ手がうつる程度 机はメープル系か、写真準備みたいに明るいイメージ

準備 

ペーパーフィルターのミシン目に沿って折ります。

ドリッパーをトントンと手のひらで叩き、コーヒーの表面を平らにします。


このひと手間で、あとの抽出が均一になりやすくなります。

step1 蒸らす

コーヒー全体にお湯が行き渡る程度の少量のお湯(93度、30g)を注ぎます。

(表面にさっとかけるとだんだんと染みわたっていきます。フィルターの底からぽたぽたコーヒーが落ちるくらい)

30秒蒸らします。


もっと詳しく 画像&理論ページへ

コーヒーは乾燥しているので一気にお湯をかけてしまうと、中まで浸透せずに、はじいてしまいます。

乾いたスポンジに一気に水をかけた際に中に水が浸透しにくいのと同じ原理です。


深煎りは水分量が少ないため、水を吸収しやすく、

浅煎りは水分量が多いため、水をはじきやすくなっています。

step2 本抽出

中心から円を書くようにポットを動かしながら、お湯(80g)を注ぎます。

粉の中心がくぼみはじめたら、次のお湯(40g)を注いでいきます。

再び粉の中心がくぼみはじめたら、次のお湯(30g)を注いでいきます。

お湯が完全に落ちきる少し手前でドリッパーを外します。

出来上がりのコーヒーは150g前後になります。

もっと詳しく 画像&理論ページへ

コーヒー豆の鮮度が高いとガスを多く含んでいるので、コーヒーが膨らみ一回に注げる量が少なくなります。お湯が落ちるスピードもゆっくりです。

浅煎りのコーヒーはもともとガスが少ないため、あまり膨らみません。

コーヒーの粉自体にも水分が多いため、落ちるスピードも早くなります。


挽き目が細かいと、砂場の砂のように粒の小さいものにお湯をかけるのと同じでゆっくりとお湯が落ちます。


円錐ドリッパー × メロドリップ

準備 

ペーパーフィルターのミシン目に沿って折ります。

ドリッパーをトントンと手のひらで叩き、コーヒーの表面を平らにします。


このひと手間で、あとの抽出が均一になりやすくなります。

step1 蒸らす

コーヒー全体にお湯が行き渡る程度の少量のお湯(93度、30g)をメロドリップの中心辺りに注ぎ(フィルターの底からコーヒーが落ちるギリギリくらい)

30秒蒸らします。


+point


この時にガラス棒で攪拌すると、より全体にお湯を馴染ますことができます。

深煎りのコーヒーで粉の表面積が広い場合は、メロドリップを円を描くように動かしながらお湯を注いでいくと安定します。

もっと詳しく 画像&理論ページへ

コーヒーは乾燥しているので一気にお湯をかけてしまうと、中まで浸透せずに、はじいてしまいます。

乾いたスポンジに一気に水をかけた際に中に水が浸透しにくいのと同じ原理です。


深煎りは水分量が少ないため、水を吸収しやすく、

浅煎りは水分量が多いため、水をはじきやすくなっています。

step2 本抽出

メロドリップを通しながら、お湯(15g)を注ぎます。

ドリッパーの湯の量が減ってきたらお湯を注ぐのを8回ほど繰り返します。

お湯が完全に落ちきる少し手前でドリッパーを外します。

出来上がりのコーヒーは150g前後になります。

もっと詳しく 画像&理論ページへ

コーヒー豆の鮮度が高いとガスを多く含んでいるので、コーヒーが膨らみ一回に注げる量が少なくなります。お湯が落ちるスピードもゆっくりです。

浅煎りのコーヒーはもともとガスが少ないため、あまり膨らみません。

コーヒーの粉自体にも水分が多いため、落ちるスピードも早くなります。


挽き目が細かいと、砂場の砂のように粒の小さいものにお湯をかけるのと同じでゆっくりとお湯が落ちます。


台形ドリッパー

準備 

ペーパーフィルターのミシン目に沿って折ります。

ドリッパーをトントンと手のひらで叩き、コーヒーの表面を平らにします。


このひと手間で、あとの抽出が均一になりやすくなります。

step1 蒸らす

コーヒー全体にお湯が行き渡る程度の少量のお湯(93度、30g)を注ぎます。

表面にさっとかけるとだんだんと染みわたっていきます。フィルターの底からぽたぽたコーヒーが落ちるくらいが目安)を注ぎ

30秒蒸らします。


もっと詳しく 画像&理論ページへ

コーヒーは乾燥しているので一気にお湯をかけてしまうと、中まで浸透せずに、はじいてしまいます。

乾いたスポンジに一気に水をかけた際に中に水が浸透しにくいのと同じ原理です。


深煎りは水分量が少ないため、水を吸収しやすく、

浅煎りは水分量が多いため、水をはじきやすくなっています。

step2 本抽出

中心から「の」の字を書くようにポットを動かしながら、お湯(100g)を注ぎます。

粉の中心がくぼみはじめたら、次のお湯(40g)を注いでいきます。

お湯が完全に落ちきる少し手前でドリッパーを外します。

出来上がりのコーヒーは150g前後になります。

もっと詳しく 画像&理論ページへ

コーヒー豆の鮮度が高いとガスを多く含んでいるので、コーヒーが膨らみ一回に注げる量が少なくなります。お湯が落ちるスピードもゆっくりです。

浅煎りのコーヒーはもともとガスが少ないため、あまり膨らみません。

コーヒーの粉自体にも水分が多いため、落ちるスピードも早くなります。


挽き目が細かいと、砂場の砂のように粒の小さいものにお湯をかけるのと同じでゆっくりとお湯が落ちます。

STEP 03

tool

器具

Authorized Distributors

メロドリップ

MELODRIP


MELODRIP を通してお湯を注げば、より簡単に、より美味しいコーヒーをお楽しみいただけます。


コーヒー全体に柔らかくお湯をかけることが簡単にできる為、雑味を抑え、さらに美味しさの成分を全体から抽出できるようになります。


当店はメロドリップの正規販売店として、ロサンゼルスの開発メーカーと契約して、販売しております。


Pouring hot water through the MELODRIP makes it easier for you to enjoy better tasting coffee.


The MELODRIP makes it easy to apply hot water softly to the entire coffee, which helps to reduce miscellaneous flavors and extract more flavorful ingredients from the entire coffee.

As an authorized dealer of MELODRIP, we have contracted with a developer and manufacturer in Los Angeles to sell our products.

写真 女性が淹れてる

机はメープル系か、写真準備みたいに明るいイメージ

ペーパーフィルター白色
Paper filter white

白色のフィルターは、コーヒーに紙の味がうつりにくく、

環境に配慮した製造方法で、体にも無害です。ドリッパーの形にあったものをご使用下さい。

The white filter prevents the coffee from tasting like paper. It is also environmentally friendly and harmless to the body.

Use a dripper that fits the shape of your dripper.


ハリオ-V60
メタルドリップスケール
HARIO scale

タイマーがついていますので、コーヒー用として使いやすいスケールです。

This scale has a timer, so it is easy to use for coffee.

スケール
scale

1秒間の投入湯量も計測して記録もできる、プロ向けのスケールです。

This is a scale for professionals that can also measure and record the amount of hot water input per second.

V60円錐ドリッパー
V60 Cone Dripper

ガラス製はスッキリとした味わいに、磁器のものは柔らかい味わいになりやすいです。

Glass ones tend to have a cleaner taste, while ceramic ones have a softer taste.

山善電気ケトル
Yamazen Kettle

一度単位での保温予約が可能です。

ドリップコーヒーを淹れる際にも注ぎやすく、おすすめです。

It can be reserved to keep warm in increments of once.

It is easy to pour and recommended for brewing drip coffee.

コレス ゴールドフィルター
CORES Gold filter

コーヒーの微粉が落ちる為、微粉まで甘いようなハイエンドのコーヒーに使っていただくと、

コーヒーの華やかさや甘さがひきたちます。浅煎りのほうが相性が良い場合が多いです。

When used in high quality coffees that are sweet down to the finest powder

It will enhance the coffee's flavors and sweetness. Shallow-roasted coffees are often more compatible.

MODERN DESIGN INCORPORATES

後々でいいけど

・コーヒーメーカーのレシピ

・アイスコーヒーのレシピ